2013年6月
« 4月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
村井和之/MURAI Kazuyuki
OPENERS FAST TRACK

テーラーメイドトラベル専門の旅行会社、株式会社コスモクラーツトラベル代表。細やかな気遣いと豊富な人脈や知識を必要とする、VIPのハンドリングに定評があり、日本、海外のVIPを多く顧客にもつ。みずからの旅の経験や視点、世界の人脈を駆使し、テレビ番組や雑誌の海外企画も担当している。


月別アーカイブ: 6月 2013

脳をデトックス

新たなトラベルプランを発掘するため、オーストラリア西部、パースから飛行機で約2時間、世界自然遺産にも登録されている「ニンガルーリーフ」を旅してみました。
 260キロにもなるリーフすべてが世界自然遺産に指定されていて、さらにエクスマスという小さな町を除く殆どのエリアが国立公園に指定されている、いわゆる野生のサンクチュアリって場所。こんなところに何しに来たかというと、ジンベイザメと泳ぐためなの。
 ニンガルーリーフは、二つの海流が出会い、多くの小魚やプランクトンなど、豊富な食環境があり、そんな環境に、多くのジンベイザメが集まってくる場所。4月から6月の短い期間だけ、ジンベイザメと一緒に泳ぐことができるのです。

オーストラリアでは珍しいビーチサイドステイ。周囲のコーラルはすべて世界自然遺産

 僕がベースに選んだのは、Sal Salil。州のDEC (Depertment Environment conservation)が管轄、国立公園の中に、エコツーリズムの施設を運営するモデル事業なんだけど、自然に、出来る限り影響をあたえないように、厳密に管理されたテントタイプの宿泊施設。水は一人1日20リットルまで。もともと乾燥しているエリアなので、必要以上の水を使うと、周囲の生態系を壊してしまうそう。もちろん電気はソーラー発電で最小限の電気しか使用できず、毎晩ろうそくと月明かりで楽しく過ごす。部屋では暖かいシャワーが利用できるし、快適なベッド、嫌な臭いもしないコンポストトイレ、そしておいしい食事。携帯電話用の電波はなく、もちろんインターネットも接続できない。まさに、断電波、断ネット!そんなテントキャンプだけど、想像以上に快適なの!目の前に美しい海。キャンプの周囲では、野生のエミューやカンガルーが走り回り、夜になれば、美しいたくさんの星が私たちを包んでくれる。ここにステイする様々な人々が、共に食卓を囲み、おいしいオーストライアワインを飲みながら、おしゃべりを楽しむ。
 スマホが普及し始めてから、食事中もついスマホを見てしまう今日この頃。ここでは、誰一人としてスマホを見る人などなく、顔を合わせれば、挨拶をし、おしゃべりをする。お互いの知識や経験値に基づいたリアルな話だけが交わされている。とてもエキサイティングな話ばかり!今回、同じ時期にステイしたサウジアラビアの富豪兄弟。世界中をプライベートアテンドを同行して旅をしているの!彼女たちの旅経験は、とても参考になったわ〜。観光での入国が難しいサウジアラビアのいろいろな話も興味深かったし、何より、今はFacebookがあるから、お互いのアカウントを交換し、電波が通じたら、すぐに友達になろうね!と約束。もちろん、電波が通じたら、約束通り、友達になった。彼女が招聘ビザを用意するから、プライベートでサウジアラビアに遊びに来てとのメッセージ!
 携帯、ネットが使えないということが発覚してしばらくは、連絡がとれないことに対する不安があったんだけど、なんとかなる!と腹をくくるまで、1日くらいかかったかな。その後は、翌日、翌々日と、快適で仕方がない。脳や心がこんなにリラックスし、アクティブになるのだ!!最近は、常に、海外でもネットや携帯が通じるようになったから、旅行中も、日本に残して来た仕事のことが頭から切れない状況が続いていると思うの。ネットから解き放たれると、想像以上に自分が生き生きとしている。旅での経験や出会いを楽しんでいる! 
 スマホのおかげで、便利にはなったけど、始終、思考を続ける生活になってしまったと思うの。思考を停止し、周囲の自然に目や耳を傾ける。そうして、脳にすきまを作ってあげることが、本当に大切なのだと実感してしまったのですう。
 今や、世界中、携帯やネットが繋がるようになってしまい、まったく通じない場所を探すことのほうが、難しい時代になってしまった。ぜひ一度、携帯もネットも全く通じない環境に身をおいて、ネットデトックスをしてみてほしい。新たな脳の隙間に、新たなひらめきが生まれることを僕が保証します。


カテゴリー: 未分類 |